がん治療を受けている方、
受けられる方へ

  • ホーム
  • がん治療を受けている方、受けられる方へ

がん治療の漢方について

東洋医学をもとにした漢方は、人間の身体に本来備わっている免疫やエネルギーに働きかけ、身体全体のバランスを整えることができるものです。西洋医学をもとにしたがん治療とは異なるアプローチで身体の調子を整え、悩みや症状の改善を図ることができます。

滋賀県甲賀市で漢方を幅広く扱う「サンポウ薬局」では、がん治療を受けている方に、漢方や栄養サプリメント、免疫力を高めるための方法をご提案しています。

がん治療と漢方の関係

一般的ながん治療は、外科手術や抗がん剤治療、放射線治療などですが、がん細胞を手術で切除したり、抗がん剤や放射線で攻撃したりしても、元々のがんの原因を取り除くことはできません。がんの原因である体質を改善しなければ、がんは再発してしまう可能性があるのです。

漢方は、人間が本来持つ免疫やエネルギー力に働きかけることができ、外科手術後の体力回復、がんの転移・再発予防などに対して有効であると考えられています。

現状、がんに対する漢方効果についての確かな臨床試験結果は出ていませんが、がん治療現場において漢方の併用は浸透しつつあり、今後漢方の有用性が高まることが期待されています。

代替医療について
アガリクス あらゆる病気の治療には、体力や治癒力が必要です。とくにがん治療では、病気を治すための抗がん剤によって免疫力が低下することがあり、感染症や合併症のリスクも伴います。アガリクスには、とても優れた免疫力アップの効果があるといわれています。
霊芝 きのこ類全般に含まれている代表的な成分の一つに「ステロール」があります。霊芝の血中成分を改善するという特徴もこのステロールの働きからきており、脂質異常症の治療薬にも使用されています。このほか「アデノシン」「アスパラギン酸」「グルタミン」などのアミノ酸も含まれているので、生活習慣病(心疾患や脳疾患)などの予防も期待できるといわれています。
フコイダン ワカメや昆布、めかぶ等の海藻類のヌメリに含まれる天然成分(粘質多糖類)の一つ。汚れやウィルスから生き物を守ってくれる成分で、人の防衛機能を回復しながら免疫力や自然治癒力を整える効果が明らかになりました。
タヒボ ブラジルはアマゾン川流域に自生する樹木。ノウゼンカズラ科の薬木で、人工栽培が不可能といわれるほど気候や土壌などに育成条件が限られているため、このエリアの古語で「神からの恵み」と称される貴重な樹木です。殺菌力が高く、古代先住民はこの内部樹皮を煎じて病気やけがの治療や、健康サポートに利用してきたそうです。
核酸 核酸塩基、五単糖、リン酸からなるヌクレオチドが、リン酸エステル結合してできた栄養物質の一つ。体内の細胞が新しく生まれ変わるために必要な物質です。栄養療法によってがん細胞は活性化させず、正常細胞を活性化させることが期待できます。

当院の取り組み~糖鎖栄養素~

当店では、がん予防や改善のために、漢方や栄養サプリメントを利用したご提案をしています。中でも、がん治療の併用に、糖鎖栄養素が含まれた健康食品をおすすめしています。

カタライザー21について

カタライザー21は、地下約40mの海綿状の地層から採取した成分を原料としており、必須アミノ酸やミネラル類、活性酸素の他、注目されている糖鎖栄養素がたっぷりと含まれています。
この糖鎖栄養素は、細胞間コミュニケーションをつかさどる糖のことであり、人間の生命活動において重要な栄養素だとされています。
この糖鎖栄養素は日常の食事から吸収された栄養素から体内で合成できるのですが、近年の食品の劣化や、年齢に伴う体内での合成能力低下によって、不足しがちになっています。

配合成分
サーファクチン 枯草菌(嫌気性菌)が生産する物質で、脂肪酸と7つのアミノ酸からなります。細胞に対して殺菌効果や再生作用、代謝促進作用があります。
リポアミノ酸 脂肪酸とアミノ酸が1分子ずつ結合した物質です。
酵素 リパーゼ(脂肪分解酵素)やウレアーゼ(消化酵素)といった酵素を多数含んでおり、食物の消化吸収促進作用があります。

その他、カタライザー21には、各種ミネラル類、アミノ酸類、ビタミン類が豊富に含まれています。

糖鎖栄養素の働き

糖鎖栄養素は8つからなり、それぞれが異なる働きによって健康を維持することから、からだの免疫力と密接にかかわりがあることがわかっています。

グルコース エネルギー源、免疫賦活作用など
ガラクトース 免疫に働きかける、腸内細菌の保持、カルシウム吸収
マンノース 免疫に働きかける、マクロファージの活性化、細菌感染防止
フコース 免疫に働きかける、気道感染症の防止
キシロース 殺菌、病原体・アレルゲンの結合防止
N-アセチルグルコサミン 変形性関節症の治療、がん抑制
N-アセチルガラクトサミン がんの増殖や転移への関与
N-アセチルノイラサミン酸 脳の発育、免疫に働きかける、粘膜の粘度調整に働きかける

糖鎖の異常は、糖尿病、高血圧、脂質異常症、不妊症、発達障害、ぜんそく(喘息)、乳がん、大腸がん、肺がん、胃がん、関節リウマチ、認知症(アルツハイマー)といった病気につながるリスクがあることがわかっています。

がん治療の相談は
予約制となっています。
前日までにご予約ください。

営業時間
 【平日】9:00-19:00 
【土】9:00-13:00 
定休日 日・祝

漢方は本来持つ自己免疫機能を
高めることで、
がん治療のサポートになります。

  • お問い合わせ

メニューを閉じる