アトピー性皮膚炎で
お困りの方へ

  • ホーム
  • アトピー性皮膚炎でお困りの方へ

あなたの未来が変わるアトピー相談

アトピー(アトピー性皮膚炎)によるかゆみや痛み、皮膚の炎症で悩んでいませんか?「サンポウ薬局」では、薬局長自身がアトピーに悩み克服した経験があり、その経験か悩んでいる方の力になりたいと考えています。

当店がご提案するのは市販医薬品や漢方だけではなく、栄養補給方法や食生活の改善、スキンケアなど多岐に渡ります。「ステロイドでは治らない」というお客様でも、日常生活の過ごし方やスキンケアを変えることで改善したケースもたくさんあります。アトピーにお悩みの方はまずは当店までご相談ください。

アトピー性皮膚炎とは

日本人の3人に1人は何らかのアレルギー疾患を持っていると言われます。中でも皮膚病の一つである「アトピー性皮膚炎」は、乳幼児から成人まで幅広い年代で発症しており、その原因は主に以下の3つだとされています。

遺伝について

アトピーは、「アトピー素因」と言う遺伝を持っている人のみに発症すると言われていますが、ある一定の世代より上の世代にアトピー患者はほとんどいません。サンポウ薬局では遺伝子と幼少期の環境因子(食品添加物・汚染された空気など)が結びついて初めてアトピーは発症すると考えています。

環境

アトピーは、「肌に触れる物」「食べ物」「呼吸で吸う物」から影響を受けるとされています。どれがアレルギーの要因になっているのか見極めることが重要です。

肌に触れる物 菌やカビ、タバコの煙、衣類や洗濯洗剤(柔軟材、漂白剤含む)、寝具、化粧品、石鹸シャンプー、アクセサリーなどが挙げられます。
食べ物 アレルギー症状が出る食べ物は個人差によるところが大きく、タンパク質、脂質、糖質、繊維質、ミネラル水、食品添加物、残留農薬、医薬品、健康食品などが挙げられます。中でも食品添加物は化学物質が原料のものが多く、アレルギーを起こす要因になると言われています。
呼吸で吸う物 カビ、ダニの死骸、動物の分泌物の飛沫、花粉などが挙げられます。
心理的要因(ストレス)

受験や進学、就職、転勤、失恋といった心理的なストレスもアトピーの原因の一つ。思春期にアトピー性皮膚炎を発症することが多いのは、受験や進学、友人関係など様々な問題が重なって重圧となり心身のバランスが崩れることが要因です。

アトピー性皮膚炎克服のポイント

アトピーはアレルギー疾患ですので、その反応を起こすアレルゲンが存在します。そのアレルゲンをいかに取り込まず、かついかに対外に排出できるかが、アトピーの改善には大きく関わってきます。
そのための食事内容やスキンケアの仕方や心の持ち方について、お伝えさせていただきます。

食生活のアドバイス
添加物について

添加物の中には様々なアレルギー物質が含まれている場合があります。以前、茶のしずく石けんを使用していた人が小麦アレルギーになってしまったというニュースが世間を賑わせました。茶のしずく石けんには小麦を化学変化させた添加物が使われていたのですが、その添加物で体を洗うことで、本物の小麦にアレルギーを起こしてしまったのです。添加物のおそろしいところは、この例のように、添加物のために本物の食材にまでアレルギーを起こしてしまうことです。商品を購入する際には、極力添加物の少ないものを選ぶようにしましょう。

油分の摂り方について

サラダ油は酸化しやすく、加熱調理をするとアレルギーを助長する物質に変化します。また光によっても酸化しますので、透明~半透明の容器に入れられて陳列されている油も控えた方が良いでしょう。その反対にアレルギーを抑える油にはアマニ油やエゴマ油、青魚に含まれる油などが知られています。これらの油も加熱は控えめにした方がよいです。加熱調理に使いやすく、あまりアレルギーに影響しないのはオリーブオイルやゴマ油です。油を選ぶことでアレルギーの改善が期待できます。

砂糖の摂り方について

砂糖はアトピー悪化の原因になり、砂糖の中でも一般的に広く使われる精製された白砂糖がとくに免疫を失調させるので良くありません。白砂糖を控え、ミネラルも多い黒糖やオリゴ糖やてんさい糖に変えるなどすることで症状を改善させることができる場合があります。

当店では、アトピーを始め、あらゆるお悩み・症状に対して相談を承っています。初回は1時間ほどお時間をいただき、じっくりカウンセリングを行います。相談は予約制となっていますので、前日までにご予約ください。

漢方・ガン治療・ニキビ等のご相談は
お電話またはWEBからご予約ください!

営業時間
 【平日】9:00-19:00 
【土】9:00-13:00 
定休日 日・祝

お困りの症状に対して
漢方の解決策をご提案します!

  • お問い合わせ

メニューを閉じる