渡辺コラム

運動会シーズンで整形外科が賑わっています。

9月10月、運動会シーズンですね。
(北海道では違う時期に行うことが多いようですが)

​組体操などで、人に思いっきり足を踏まれたなどで、たくさんの小・中学生が
​整形外科を訪れています。

​体が柔らかく、体の回復力の高い若い時期には、ある程度のケガはした方が良いと
​僕は思っています。

​やはり、そのような経験があるかどうかで、その人の精神力が違ってくるという
​実感があるからです。

​ケガをして、痛みを知ることで、忍耐力も付きますし、人の傷の痛みに共感できる
​心が育ちます。
​人の気持ちが分かるからこそ人に優しくできますし、忍耐力がつくから多少辛いことが
あっても平然としていられるようになります。

百閒は一見にしかず。

​若者たちよ。酸いも甘いもたくさんの経験をしましょう。

ただ、普段からお菓子ばっかり食べて育っている子は、簡単なことで骨折するという
​ことが目立ちます。
​骨折してしまった人は、運動会を恨む前に、普段の食生活や運動不足などを見直す
​必要があるかもしれません。

​昔から組体操はありましたが、そこまでの大けがをする人はあまりいませんでした。
​運動不足による運動神経の発達の遅れや、食生活による骨の質の低下が関係している
​可能性が疑われます。

  • お問い合わせ

メニューを閉じる